ムダ毛処理グッズ特集

自宅で簡単にエステ級のムダ毛処理ができるグッズ特集

通う手間、高額な費用の発生する脱毛サロン、美容外科クリニック…できれば自宅でエステ級のムダ毛処理ができればそれに越したことはありませんよね。

私が調べた自宅脱毛の3種の神器と呼ばれる脱毛器、除毛クリーム、抑毛ローションの良い商品を調べてここでご案内させて頂きます。

どれも自宅で誰にも見られずにムダ毛処理ができますが、メリットやデメリットが存在しています。しっかりと知識をつけて自分の体質、毛質を考えて選ぶようにしましょう。

それでは下記からチェックしていってください!

家庭用脱毛器のメリット、デメリット

今の家庭用脱毛器はエステサロンと同じ光脱毛と呼ばれるフラッシュ方式のものが大半になりました。光脱毛とは光の熱によって毛根にだけダメージを与えて脱毛を促すといった手法です。

肌に優しく様々な部位を広範囲で脱毛できるといったメリットがある反面、家庭用はエステのように強い出力で光を照射できないようになっています。いわば業務用と家庭用といった違いがあります。

どうしてもサロンと比べると脱毛効果は弱いのがデメリットです。ただし産毛、体毛自体が細く柔らかい人は意外と満足のいく脱毛をすることができます。

加えて最近の家庭用脱毛器はなんと美顔機能がついていたりして美肌効果を望むことができます。値段は高いけど一度本体を買ってしまえば後は消耗品となるカートリッジくらいしか費用がかからないのでトータルコスト、長期間の脱毛を考えるならかなりオススメのグッズです!

おすすめの家庭用脱毛器はこちらで紹介

除毛クリームのメリット、デメリット

除毛クリームは脱毛とは違い、毛を溶かしてムダ毛処理をするといったアイテムです。昔は肌荒れ、赤み、痒みといったトラブルが多くありましたが、現在の除毛クリームは配合成分なども見直されて肌に優しいタイプになっています。

メリットでいうとコストが安い、5分〜10分でムダ毛処理ができるなど簡単でスピーディーなムダ毛処理をできるのが大きなメリットです。

逆にデメリット…
それは毛根から毛を溶かすわけではなく肌表面から毛穴の少し入ったところまでしか毛を溶かさないので1週間程度、ムダ毛が成長して再度、除毛しないといけなくなります。

また毛を溶かす成分にチオグリコール酸カルシウムと呼ばれる医薬部外品を使っている製品が多いですが化学合成物質なので肌に良いか?と言われると少しは肌に刺激、ダメージを与えてしまう成分となります。

なので低刺激性の除毛クリームじゃないと敏感肌や皮膚が弱い人は肌トラブルが起こりやすいです。

除毛クリームは急に外出することになりすぐにでもムダ毛処理をしたい場合に助かります。自宅1本もっておくと何かと重宝するアイテムですよ!

使い過ぎを避けることで肌トラブルも最小限に抑えることができます。

おすすめの除毛クリームはこちらで紹介

抑毛ローションのメリット、デメリット

あまり聞き慣れない方も多いと思う抑毛ローション。

抑毛とは毛の成長を抑制してムダ毛処理の手間を減らそうといったものです。

自宅ムダ毛処理の中では最も刺激が少なく肌が弱い方も安心して行える処理方法です。

使い方も気になる部位に毎日塗るだけ。
これで徐々にムダ毛が細く、柔らかく、処理のしやすいものになってきます。

その反面、デメリットは効果がでるまで時間がかかる…個人差はありますが、まったく効果を感じることができない…塗り続けないと再度、毛の成長が元に戻ってしまうといったデメリットがあります。

1ヶ月3000円〜5000円のコストで抑毛ローションを使うことができますが、ムダ毛が気になる期間はずっと使う必要性があります。

抑毛ローションだけに頼らず脱毛器、除毛クリームなどと併用して使うと毛の成長を抑制させる効果があるのでムダ毛のお手入れをする回数を減らすことができて、コストパフォーマンスも上げることができるので何かしらの脱毛グッズと併用して使うことが望ましいです。

抑毛ローションについてよりわかりやすい説明があったので出典させていただきます。

抑毛ローションはデリケートな部位、肌が弱い方。小さな子供のムダ毛処理に向いたものです。ムダ毛が気にならなくなるまで、時間はかかりますが、肌に刺激を与えずに徐々にツルツル肌へと仕上げてくれます。

出典:抑毛ローション.com(http://xn--xck2eqa0a6by255cvun.com/)

おすすめの抑毛ローションはこちらで紹介

自宅でムダ毛処理を円滑に行うには上記の3つが3種の神器とされています。一長一短のあるグッズですが上手く活用すれば自分でエステ級の処理ができます。

こんな人は自宅ムダ毛処理グッズはオススメできない

使い慣れてしまうとエステに通うことがバカバカしくなる家庭用ムダ毛処理グッズですが、中にはあまりオススメできない人もいます。

下記に当てはまる人は望むような効果を得られない可能性もあるのでプロにまかせて脱毛サロン、美容外科クリニックなどでムダ毛処理を行った方が良いでしょう。

ムダ毛がメチャ剛毛で濃く、硬い

紹介したグッズはあくまで家庭用です。
サロンなどにように業務用レベルのパワーがないので剛毛体質の人はあまり満足のいく効果を得られない可能性があります。

もしくは一般的な毛質の人よりも時間がかかります。

時間とお金をかけて満足いかないと損になるので素直に脱毛エステなどにいって処理した方が結果的にはコストも抑えてキレイで満足できる可能性が高いです。

VIOラインを重点的に処理したい

皮膚が薄くデリケートなVIOラインは自己流でやると傷をつけたり摩擦によってメラニン色素を活発化させて黒ずみトラブルを引き起こしやすくなります。

またVラインは自分でできてもIライン、Oラインとなるとかなり不格好な姿勢で行わないと処理できませんし、恐る恐るやることになるので危険もあります。

他人に見られると恥ずかしい部位でもありますが、サロンも一回見せてしまうと次からは自然と平気になります。またサロンやクリニックのスタッフも何百人と見てきているので正直なところ、なんとも思わないそうです。

上の条件に当てはまると感じた人は素直にプロにムダ毛処理を任せた方が良いと私は感じています。脱毛にしろレーザー脱毛にしろ今はお試し価格で体験できたりするので億劫にならず一度サロン等に足を運んでみると良いです。

逆にもともと、体毛が薄くてエステに通う必要もないと感じている人は家庭用脱毛処理グッズの活用で満足できる処理ができます。

トップへ戻る

おすすめムダ毛処理グッズ

Copyright © ムダ毛処理グッズ特集!全て家庭用だから自宅で脱毛&除毛が楽チン! All rights reserved